医院の理念

理念

安全・良質な医療を提供し、患者様・ご利用者様の健康管理に貢献し、健やかな生活を過ごせる事を目標としています。

院長のごあいさつ

院長 奥村 光治郎 田中医院院長として就任当初より、地域住民の皆様、近隣の医療機関、介護支援事業所の方々には大変お世話になっております。

 3年の年月が経ち、外傷や各種疾病などのプライマリーケア(初期診療)だけでなく、「かかりつけ医・家庭医」として、多臓器障害が多いことが特徴である高齢の患者様に対して真心を持って診療し、地域医療に携わってまいりました。

 田中外科より、平成12年に「医療法人社団 誠江会 田中医院」を開院し、「地域住民の皆様方の健康をお守りする」という当初からの基本方針を継承しながら、各専門の医師やリハビリテーションスタッフを充実することにより、患者様への幅広い対応能力だけでなく診療の質も高めてまいりました。

 これからの高齢社会に向け「地域医療包括ケアシステムの構築」および「医療と介護の連携の強化」が国の指導により推し進められておりますが、これは在宅医療の強化とともに、地域における「かかりつけ医・家庭医」である主治医の役割と責任が重要と言われております。また健康寿命を伸ばすために今後リハビリテーションは、医療・介護のどちらにおいても重要な役割を担うことになります。

 当院では、リハビリテーションを通じて「医療・介護の連携」を図り、リハビリテーションを必要とする様々な疾病に対応できるように、整形外科医、内科医(神経内科・循環器内科)など専門医師の指示のもと、地域の高齢者の皆様が住み慣れたこの町で生活が送れるように、介護支援事業所等としっかり連携をとっていきたいと思います。

 これからも地域の医療・介護・福祉に貢献できるよう、スタッフ一同ますます努力をしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

院長 奥村光治郎

ページ上へ戻る